• ホーム
  • 肝斑のようなシミを消すにはトラネキサム酸

肝斑のようなシミを消すにはトラネキサム酸

女性に多いお肌の悩みとして、肝斑というものがあります。
肝斑はシミの一種で、30代後半頃から40代頃までの女性にできやすくホルモンバランスの変化などの影響があり、主に頬に出てきてしまいます。
ちなみに肝斑は頬に左右対称にできる大きめのシミでとても特徴があるので分かりやすいですが、広範囲にできるので目立ちますし、気にされている女性は多いです。
肝斑の治療は皮膚科で受けることが出来ますが、トラネキサム酸という内服薬を処方してもらい服用することで改善します。
美白効果のあるトラネキサム酸は、抗プラスミン作用でメラノサイトに働きかけてシミの原因となるメラニン色素に対応していきます。
肝斑はホルモンバランスも影響していますが、紫外線を浴びる事でも、メラニン色素が増えてできやすくなるため、抗プラスミン作用は有効です。
そのままにしておくとどんどん悪化し、濃くなって広がっていきます。
できるだけ早い段階で皮膚科を受診してトラネキサム酸を処方してもらう事をお勧めします。
肝斑かどうかというのは、自己判断でもわかりやすいと言われています。
一般的なシミは比較的小さい物が多いですが、このシミは広範囲になりやすく、左右の頬対称でできるという特徴があるので、もし気になるようでしたら早めの対応が大事です。
また、皮膚科でもトラネキサム酸を処方してもらうことはできますが、ドラッグストアでも医薬品として販売されていますので自己判断で使用することも可能です。
トラネキサム酸は飲み方にも少し注意が必要で、一定の期間飲み続けたらしばらく休むという服用方法ですので、長期間にわたって飲み続けるのは控えるようにしましょう。
詳しい飲み方は医師から説明を受けたり、ドラッグストアで購入する場合には説明書をよく読んで使っていくようにします。
医師の診察を受けて処方してもらう場合には、定期的な診察を受けていく事になりますので、使用の中止や再開なども判断してもらえて安心です。

肝斑を悪化させないためにも紫外線対策が必要

今美白ケアに取り組んでいる方はとても多いです。
肝斑は女性ホルモンの崩れなども影響してできてしまうと言われています。
しかし肝斑ができてしまっている場合、悪化させないためには紫外線対策は重要です。
紫外線を浴びる事でメラノサイトが刺激されてしまうため、さらにシミが濃くなったり肝斑にも影響が出てきます。
有効な紫外線対策としては、まず日焼け止めを使う事です。
紫外線をカットすることができ、紫外線の影響を抑えることにつながります。
夏場だけではなく、1年を通して紫外線が出ていますので、日焼け止めは出来れば1年を通して使うようにしましょう。
さらにメラニン色素を増やさないために、美白化粧品を使う事も有効です。
アルブチンやハトムギエキス、ビタミンC誘導体などが配合されている美白化粧品を使う事で、新たなシミが出来る事を予防できたり、それ以上シミが濃くならないといった事も期待出来ます。
毎日のスキンケアで取り入れていく事をお勧めします。
帽子や日傘、サングラスなどで紫外線対策をすることも有効です。
とにかく紫外線にはメラノサイトを刺激してメラニン色素が増えてしまうと言ったデメリットがありますので、特に夏場は徹底的に紫外線対策をしていきましょう。
日焼け止めを朝付けてそのままという方もいるかもしれませんが、汗をかいたりタオルで拭いた時には、着け直すという事も忘れずに行いましょう。
美白化粧品は、出来てしまっているシミを薄くしたり消したりすることは難しいです。
しかし使い続けていく事で予防をすることにはつながりますし、それ以上悪化させないと言った使い方には適していますので、日々のスキンケアで取り入れていきましょう。

関連記事