• ホーム
  • トレチノインとハイドロキノンが効果的?美を追求する

トレチノインとハイドロキノンが効果的?美を追求する

肌の問題を気にする女性

シミとはメラニン色素が肌に蓄積され黒ずみになったもののことを指します。
皮膚は、表皮と真皮そして皮膚組織の三層からなっています。
メラノサイトという細胞がメラニン色素を作っても表皮細胞はターンオーバーにより上へ上へと押し上げられ剥がれ落ちていきます。
そのため本来なら日焼けしてもやがて薄くなり消えていき、この色素は残らないのですが様々な影響でターンオーバーがうまく作用しないと表皮にメラニン色素が残り黒ズミとなって肌に残ってしまうわけです。
これはシワの原因ともなり、シミもシワも一度できてしまうと改善するのが難しいので多くの女性を悩ませています。
最近ではスキンケア商品として様々な美白効果をうたった製品が出ていますが、これらはシミを予防することはできてもシミを消してなかったことにすることはできません。
そこで今注目されているのがシミ消しが可能となったハイドロキノンとトレチノインです。
ハイドロキノンは、お肌の漂白剤とも呼ばれていています。
メラノサイトに直接働きかけメラニン色素の生成を抑制してくれる働きがあります。
シミを作り出すチロシナーゼ酵素の活性を抑えるので今あるシミを抑制しこれからシミを作らせないようにするのがハイドロキノンの効果です。
トレチノインとは、肌のターンオーバーを促進させることにより肌の内部からシミを排出させる、つまり肌の表皮細胞が生まれ変わり古くなった細胞を排出させるという代謝を活性化させるよう働きかけます。
トレチノインには更に多くの効果があり、肌内部のコラーゲンやヒアルロン酸を増やしてくれる作用があるので肌にハリを与えてくれるので皮膚のたるみやシワの改善に役立ち美肌へと導きます。
また皮脂をコントロールする働きがあり皮脂の過剰分泌を防いでくれます。
トレチノインとハイドロキノンはどちらもシミに対して高い効果を発揮しますが、全てのシミが消えるわけではありません。
シミには様々な種類があり、これらの成分が反応を示すものと示さないものがあります。

トレチノインとハイドロキノンの副作用について

トレチノインとハイドロキノンを併用することで相乗効果を生み出し更なる効果を期待することができます。
併用することにより浸透しにくいハイドロキノンが肌内部に作用しやすくなったり、セットで使用することでターンオーバーを促進しながらシミの原因であるメラニン色素の生産を抑え美肌美白へと導いてくれます。
またトレチノインのピーリング作用による激しい皮剥けや炎症によって引き起こされる炎症性色素沈着を防ぐためにもハイドロキノンとの併用がおススメです。
トレチノインもハイドロキノンもどちらも外用薬ではありますが強い成分なので、効果だけに目を向けるのではなく副作用にも注意し正しい使用法で治療していかなければなりません。
誤った使用方法、使用量などで肌の一部の色が抜ける白斑の出る可能性がありますし、赤みやかぶれなどのアレルギー反応を起こすこともあります。
トレチノインを使用した時の副作用としてあげられるのは、皮膚の赤みや痒みまたヒリヒリしたり刺すような痛みを感じる、皮膚の剥離や皮膚の黒ズミや皮膚の乾燥などです。
ピーリング作用によって古い角質を落としシミを薄くする効果がありますがそれにより肌が薄くなりすぎて副作用に繋がることがあります。
また薄くなった肌はバリア効果が低下しているため敏感になり痒みや痛みを感じたり乾燥を招くこともあります。
ハイドロキノンの副作用としては皮膚の炎症や光毒性や皮膚の白斑があります。
光毒性とは肌が日光や光に対して異常に敏感になってしまう事です。
そのため少しの光でも過剰に吸収してしまい逆にシミができやすい肌になってしまいます。
白斑はハイドロキノンの持つ漂白剤によるもので使用量や濃度を間違えた時に起こる可能性がある副作用です。
副作用と思ってしまう中のほとんどはこれらの成分が作用していることの表れなので心配ありませんが高い効果が現れる反面、リスクがあることも忘れてはなりません。

関連記事
人気記事一覧